Chanko Dining若を運営するドリームアークが自己破産



元横綱・若乃花こと花田勝さんが設立した、ちゃんこ料理店「Chanko Dining 若」を運営する「ドリームアーク」が2010年5月6日、東京地裁に自己破産を申請したことが分かりました。負債総額は約4億4,700万円。


帝国データバンクによると、「Chanko Dining 若」は、2007年7月期には約16億600万円を売り上げていましたが、鍋料理は夏に来客が減少することなどから経営、資金繰りが悪化し、また札幌店に勤務していた20~40代の元従業員、男女5人が、2009年11月18日に残業代が支払われていないとして、約1,550万円の支払いを求め、札幌地裁に労働審判を申し立てるなど厳しい資金繰りが表面化していました。


ちなみに設立者の花田勝さんは、2008年11月に代表取締役会長を辞任しており、ドリームアークは経営上、花田勝氏はなんら関係がないと説明しています。


ドリームアークは国内外15店舗のうち、一部を除いてフランチャイズ契約していた別法人によって営業継続され、通常通り営業を続けるようです。


平成22年5月6日・財経新聞より一部引用


花田勝さんはいいタイミングで?退任していたんですね。


それにしても「Chanko Dining 若」はテレビでも頻繁に紹介されてましたし、店舗数も増えて、順調に経営していたと思っていましたが、やはり飲食業は開店から3年経過後が勝負とよく言われますが、まさにその通りの結果となってしまいました。


花田勝さんはテレビでも大豪邸を紹介したりして、優雅な生活を送っていましたが、今は何で収入を得ているんだろ?テレビ出演?謎だ・・・



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved

自己破産 手続&自己破産のデメリットTOP 借金関連ニュース Chanko Dining若を運営するドリームアークが自己破産