宇宙ベンチャーが自己破産


2008年1月10日、かつて証券取引法違反で起訴された堀江貴文・元ライブドア社長と共同で宇宙旅行事業を構想して話題となった
宇宙関連ベンチャーのアストロリサーチが2007年12月25日に東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けていたことが分かりました。民間信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約10億円。


アストロリサーチは1996年設立、人工衛星、ロケットの地上管制局や、人工衛星用機器、エンジンの開発設計などを手がけ、2004年3月期の売上高は約22億9,100万円と順調に事業を拡大していましたが、その後、国内需要の鈍化、大型プロジェクトの頓挫により受注低迷で資金繰りが悪化したため、今回の自己破産に至ったようです。


平成20年月10日・asahi.comより一部引用


宇宙旅行とは夢のある構想ですが、残念ながら夢を実現する前に事業が破綻、自己破産となってしまいましたね。


もちろん今回の自己破産は元ライブドア社長、堀江貴文氏とは関係ありませんが、堀江貴文氏がもしも証券取引法違反で起訴されていなければ、違った結果になっていたかもしれませんね。


ただ近い将来、宇宙旅行は人類にとって身近なものになる可能性がありますので、誰かが叶えてくれることを期待したいところです。



スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved