韓国での自己破産申請件数が急増


韓国では昨年(2006年)の自己破産申請件数は「12万2608件」に達し、前年の3万8773件から大幅に増加したことが大法院(最高裁に相当)の資料から分かりました。

韓国では2002年の自己破産申請件数が「1335件」でしたので、4年間で約90倍以上に急増していることとなります。

韓国で自己破産制度は、1962年に制定され、2000年以前はそれほど目立っていませんでしたが、2003年ごろからクレジットカードの乱用などによって債務を履行することができなくなった若者が急増し、この4年間で急激に自己破産申請件数が増加したようです。

韓国でこの数年、自己破産申請件数が増加した理由は、景気低迷だけでなく、自己破産して債務を清算しようという考えが広まっているためだともいわれ、今後もさらに自己破産申請件数は増加することが予想されています。

平成19年1月7日・聯合ニュースより一部引用

ちなみに日本では2005年度の自己破産申請件数は「
約18万件」ですので、近い将来、韓国の自己破産申請件数が日本を追い抜くかもしれませんね。

確かに自己破産は国に認められた制度ですが、若者を中心に、自己破産で清算すればいいという考えは危険ですね。。。

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved