借金がいくらあると自己破産できるの?



自己破産制度は、借金(債務)がいくらあればできるという制度ではありません。


まず自己破産するには、「破産手続開始決定」が下りて、「免責許可の決定」を受けなければならないのですが、破産手続開始決定が下りるためには裁判所に「支払不能」と判断されなければならず、免責許可の決定を受けるためには「免責不許可事由」に該当しないことが条件とされています。


ということは、借金がその人にとって支払っていくことが困難だと判断され(支払不能)、借金の支払いを免除することに問題がない(免責不許可事由に該当しない)と裁判官に判断されれば、免責許可の決定を受けることができ、自己破産することができるのです。


このように自己破産できるかどうかは、債務者(破産申立人)それぞれの状況によって大きく違いますので、100万円しか借金がなくても自己破産、免責許可の決定を受けられる場合もありますし、借金が1億円あっても自己破産、免責許可の決定が受けられない場合もあるのです。


免責不許可事由に該当するからといって、必ずしも免責許可の決定が受けられないのではなく、裁判官が総合的、かつ客観的に判断するのです。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved

自己破産 手続&自己破産のデメリットTOP 自己破産Q&A 借金がいくらあると自己破産できるの?