破産財団


破産財団とは、破産者が破産手続開始決定時に有している財産のことで、差押さえが禁止されていたり、生活していくために欠かせない、または職業上欠かせない、自由財産などを除くすべての財産が該当します。


自己破産するためには「破産手続開始決定」が下りて、「免責許可の決定」を受けなければならないのですが、破産手続開始決定後に、破産者に換価するほどの財産がある場合には、破産管財人が選任されて管財事件(少額管財事件)となり、破産財団は破産管財人が管理、処分し、各債権者に債権額に応じて配当されますので、破産者は破産財団を管理、処分する権利を失うのです。


破産手続開始決定後に取得した財産は破産財団の対象ではなく、自由財産となりますので、破産者が自由に管理、処分することができます。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved