グレーゾーン金利廃止決定?


グレーゾーン金利廃止を柱とする貸金業規制法の改正案が13日(2006年12月)、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

出資法の上限金利(年29.2%)を、3年後をめどに利息制限法(元本額によって15~20%)の水準に引き下げる。利息制限法の上限金利なら完済しているケースでも借り手が貸金業者に返済を続け、利息を払い過ぎるケースが多発。多重債務問題の一因となり、社会問題になっていました。

改正法は、年収の3分の1を超える融資を原則禁止し、返済能力を超えた過剰な融資を行わないようにする。

違法な高金利による貸し付けを行った業者に最高1億円の罰金を科し、無登録業者に対する罰則も現在の懲役5年以下から10年以下にするなど、ヤミ金融業者の排除を徹底する。

平成18年12月13日・毎日新聞より一部抜粋

正直言って、遅すぎた感は否めません。罰則の無い利息制限法(15~20%)なんてあってないような法律ですから。

まっ、利息制限法でもまだまだ金利が高いような気がしますが、これで少しでも債務者の負担が軽くなり、多重債務者が減ってくれればいいのですが。。。

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved