多重債務の相談件数


多重債務に関する香川県への相談件数は2005年度で517件に上り、ここ5年間で約3.3倍となっています。

相談を年齢別に見ると、「20~40代が約70%」を占め、生活苦や病気、安易なクレジットカードの使用などが多重債務になった理由としてもっとも多いようです。

ただ、多重債務の相談は「2003年」をピークに減少傾向にあるようですが、それでも相談が多いのは現実です。

また2005年度に香川県の消費生活センターなどに寄せられた相談「11,713件」のうち、多重債務相談は4・4%の「517件」。うち、消費者金融にかかわる相談は「462件」。

ちなみに香川県が把握している相談者の多重債務の合計額は「約12億9800万円」。一人当たりは「約380万円」、年齢別にみると・・・

・20代・・・20・1%
・30代・・・28・6%
・40代・・・19・7%

となっています。

対策として香川県は、無登録営業(ヤミ金融)専門の相談員や司法書士らによる適切なアドバイスを行うほか、未然防止に向けて大学などでクレジットや現金借り入れなどに関する出前講座を開くなど消費者教育をさらに充実させるとしている。

平成18年9月23日・四国新聞より一部抜粋

多重債務者、自己破産者はいずれも2003年(平成15年)をピークに減少傾向にありますが、その減少幅は微々たるもので、まだまだその数はかなりの数なんですよね。。。

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved