自己破産のデメリット



自己破産するにはさまざまなデメリットが考えられますが、人によって状況が違いますので、それをデメリットと感じるかは人それぞれですし、実際には借金で悩まされるよりも、自己破産によるデメリットを受け入れ、新しい生活をスタートさせたほうが良い場合が多いです。


いずれにしても自己破産する前に、どのようなデメリットが考えられるのかを確認し、それを踏まえた上で、自己破産するか、その他の債務整理(任意整理特定調停個人民事再生手続き)にするかを考えましょう。


 自己破産のデメリット



一定の財産を失う

連帯保証人に迷惑がかかる

官報に記載される

住所の移転と旅行の制限

破産者名簿への記載

免責許可を受けてから7年間は再び自己破産することはできない

職業や資格の制限を受ける

不動産(土地・マイホーム・別荘)を手放す

破産管財人によって郵便物が管理される

クレジットカードを作成したりローンを組むことが難しい


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved