自己破産手続きを弁護士に依頼する前に



自己破産の手続きは、知識の少ない素人が1人で行うには、少し難しく、手間がかかる場合があります。


もちろん、弁護士(司法書士)に依頼しなければ自己破産の手続きが行えない訳でもなく、「知識とやる気」さえあれば、十分に自分だけの力で行うことは可能です。


弁護士に依頼するかしないかを決めるのはあなた自身です。


そこで弁護士に依頼するメリットやデメリットを上げておきます。それらを参考にして、自分でもできると思えば、自分で手続きを行い、弁護士に依頼するメリットのほうが大きいと思えば、弁護士に依頼するのもいいでしょう。


自己破産手続きを弁護士に依頼するメリット

自己破産手続きを弁護士に依頼するデメリット

自己破産手続きを弁護士に依頼する際の注意点


 自己破産手続きを弁護士に依頼する割合



平成17年1月1日の新破産法の改正によって、確かに素人でも手続きを行いやすくなりましたが、 実際には、個人が自己破産手続きを行う場合、「約90%」の人が弁護士に手続きを依頼しています。


また弁護士ではなく、「司法書士」に手続きを行うことも可能ですが、この場合は、書類の作成までが司法書士の仕事なので、裁判所への書類提出など、その他の手続きは債務者本人がしなければならないので注意しましょう(司法書士に自己破産手続を依頼しても変わらないの?)。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved

自己破産 手続&自己破産のデメリットTOP 自己破産と弁護士依頼 自己破産手続きを弁護士に依頼する前に