自己破産すると会社に知られてしまいますか?



自己破産をしたからといって、裁判所から会社へ連絡することはありませんので、基本的に会社や同僚、上司に知られることはないでしょう。



 会社に自己破産したことが知られてしまう可能性



会社の同僚に借金をしていた場合や、会社に借金をしていた場合、債権者(金融会社など)が債務者(破産申立人)の給与差押をしていた場合には、「裁判所から差押命令や通知」が届きますので、残念ながら知られてしまうことになるでしょう。


また自己破産申立てをするまでは、悪徳金融業者や、ヤミ金業者などは、会社に取り立てに来たりすることもありますので、その場合も自己破産かどうかは別にして、借金をしていることが会社の人たちに知られてしまうでしょう。


ただ自己破産申立てをする、しないにかかわらず、勤務先への取立ては「債務者や保証人などの勤務先を訪問し、債務者、保証人などの勤務先での立場が不利益となるような言動を行うこと」に該当し、明らかな違法行為ですので、そのことを明確に業者に告げ、それでも止まらない場合は、「管轄の財務局・警察・国民生活センター」などに相談、通報しましょう。


また弁護士(司法書士)に手続きを依頼していた場合には、全債権者に受任通知書が送られ、その通知が届いた以降は債権者が債務者本人に直接債務を請求をすることはできなくなりますので、それでも取り立てに来る場合は弁護士に適切な対応をお願いしましょう。


自己破産したら会社を解雇されるの?


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 自己破産手続. All rights reserved

自己破産 手続&自己破産のデメリットTOP 自己破産Q&A 自己破産すると会社に知られてしまいますか?